浜松の歯医者さんが解説!妊婦さんの歯科検診が大切なワケ

妊娠したら歯科検診と治療が必要なワケとは?

一般的に、妊娠中は歯のトラブルが起こりやすいと言われています。例えば、つわりで気持ちが悪くなり歯を磨く元気がなかったりだとか、酸っぱいものを食べたくなるので、お口の中が酸性になって虫歯菌が増えやすくなります。あとは、ホルモンバランスも崩れるので、歯周病菌が増えやすくなると言われています。
 
出産後は、赤ちゃんに虫歯をうつしてしまう危険性もあります。もともと生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、虫歯菌が存在していません。様々な研究から1歳から2歳の間に、大人の唾液を介して虫歯菌が感染してしまうことが様々な研究から分かってきました。つまり、大切なお子さんが虫歯にならないためには、大人から子供に虫歯菌を移さないことが一番重要なのです。そのためにも、お母さんが使っているスプーンや箸であかちゃんにご飯を与えたりすることは厳禁ですので、ぜひご注意ください。
 
また、お母さんは、出産したら赤ちゃんのお世話でとても忙しくなり、歯医者さんに行きにくくなります。赤ちゃん中心の生活となって歯医者に行く時間がなくなり、自分のことは二の次になってしまいます。両親と同居していたり、近くに両親が住んでいない限り、お母さんは歯医者さんに通うことすら難しくなるのが現実です。お子さまのため、そして、お母さんのためにも、妊娠が分かったらすぐにご近所の歯医者さんにチェックに行かれることをオススメします。浜松エムアイ歯科では、妊娠中・出産後のお口のケアについて、分かりやすくご説明させて頂きますので、妊婦の方で浜松周辺のお住いの方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にお越しください。お手すきのタイミングで、web予約をして頂くだけで結構です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。